Menu

駆除方法を確認

STOP TERMITES

専門業者のケース

シロアリは家の柱や土台など大切な基礎部分を食べてしまうことから、害虫と言われており、もし家に寄生している場合は駆除する必要があります。シロアリ対策を専門業者に依頼した場合、どのような駆除方法を行ってくれるのか、特徴を確認しておくと良いでしょう。専門業者が行うシロアリ対策は大きく分けると、「ケミカル工法」と「ベイト工法」という2つの駆除方法に分けられます。ケミカル工法はバイオ工法と呼ばれることもあるシロアリ対策で、シロアリに効く薬剤を使い駆除するのが特徴です。薬剤はシロアリが好む湿気の多い床下に散布したり、柱などに穴を開けてそこに直接注入することでシロアリを死滅させます。専門業者が使用する薬剤は効き目が高いだけでなく、残存性にも優れているので、シロアリ対策を行ってから約5年程度は効果が持続するようです。もう1つの尻アリ対策法となるベイト工法は、床下は柱などに薬剤を使うことなくシロアリを駆除できるのが特徴となっています。ベイトカップという容器に駆除剤を入れて、シロアリがいそうな場所の土の中に埋めて、その薬剤をエサとして巣へと持ち帰ってもらうことで駆除します。即効性のあるケミカル工法よりも、効果が出るまでに時間がかかるベイト工法ですが、家に薬剤を使用しないのでお子さんやペットがいるご家庭でも安心です。このように、シロアリ対策法は駆除方法が異なるので、専門業者に依頼する際にはマイホームや、家族構成に合った方法を選びましょう。