Menu

業者に相談が解決への道

鼠捕り

早期解決のために相談

建屋が古くなってくると、本来はつながっている部分に隙間ができたり、シーラントが劣化して隙間が発生する場合があります。これらの隙間は、水が入ってくるだけはなく、昆虫の侵入口となり、ひどい場合にはねずもなどの害獣が侵入してくることとなります。そして、痕跡として米粒大の黒い糞を発見した場合、ねずみが侵入している可能性を疑ったほうがよいかもしれません。このネズミは一度建屋に居ついてしまうと、巣を作り、繁殖を繰り返していくことになります。ねずみは有害な病原菌を媒介する獣として知られており、台所などに出没すると、大きな被害をもたらす可能性があります。そのため、痕跡を見つけた時点で、できるだけ早くねずみ駆除に乗り出したほうが無難なのです。実際、ホームセンター、ドラッグストアに行けば、毒エサ、粘着板、捕獲網など多くのねずみ駆除のための製品が販売されています。これらは年々改良が加えられており、性能も上がっていますが、ねずみの特性を把握したうえで仕掛けることが効果を上げるためには重要なのです。ねずみ駆除の基本は、ねずみの種別をはっきり特定し、それに合った駆除を行うことで、効率的なねずみ駆除が可能になるのです。そのためには、隠れているであろうねずみの姿を見なくても特定できる知識を持っていることが早期解決につながります。そして、それらの知識を持っているねずみ駆除業者にいち早く相談することは、解決の近道といえます。